読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももなの小学生期②

おでこを縫う怪我をした&担任のせいで、

登校拒否。

そして、毒母への依存心が強まり、

「ママがいないとやだ〜〜〜〜〜」再発。

 

担任、それなら、と毒母を廊下に設置。

半年ほど続いて、ストーブもない廊下に

立っていた毒母を見かねた先生が、

保健室登校を勧めてくれて、

母子で保健室登校という謎な自体になったのが

小学校1年生のころでした。

 

未だに、この時のことを持ち出してきて恩着せてきますよ。

「あんたが小1の時、あんなに寒いところで心臓止まりそうでうんたらかんたら」

……

18年前のこと持ち出されても、だから?って思うし。

もっと言ってしまえば、産んだのはそっちの勝手でしょう?という。

これはたまに本人にも言ってあげてます。

 

早く孫の顔を見せろだとか

何歳までには出産してるべきだとか

世間の女性を追い詰めると、

本気で欲しかったわけでもないのに流されて

産んでしまった親になります。

 

そうして産まれてしまった子どもは、

かなりの確率で苦しむことになるので、

無駄なプレッシャーかけないで、と思います……。

 

 

なお、母親への共依存牢獄が当然だと思っていた幼児ももなちゃん、

「大きくなったら結婚しないで子どもを産んで、

パパとママと4人で暮らすの!」

って、恐ろしいことを言っていた記録と記憶が残ってます。

6歳頃の話です。

0歳から洗脳されてきたので、

「家を出るのが怖い」 という、

間違った安定志向を獲得していたもよう。

 

この呪いとも言える洗脳が解けるまで、

17年という長い月日+ネットで知り合った

「まとも」な思考回路を持つ方たちの協力と助言が

必要であるのでした……。