読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももなの幼少期

幼少期の話をしましょう。

この時点で普通におかしいから。どう考えてもおかしいから。

 

毒母の言葉を借りるなら、

「3歳までつきっきりで面倒見た」

 

公園でお友だち作るなんてことしてません。

 

今思えば、この時点で既に

母⇔ももな

共依存関係を完成させられてたんですよね。

 

だから当然、4歳からの幼稚園生活の最初は

 

集団生活わかんねぇ

お友だちってなにそれ

そもそも公園組なり年少から通ってる子たちで既にグループ形成がなされており

 

「ママがいないとやだぁ〜〜〜!!!」

 

みたいな状況になっておりまして。

そりゃなるよ。あたりまえだよ。

 

しばらく、ママ(笑)が幼稚園に着いてくるようになってました。はい。

 

さらに悪いことに5歳の時に、隣のクラスの

先生が提案した、教室内で

うさぎさんになろう、というお遊戯が原因で

張り切って飛び回ってたら畳んであった机に

足首を強打しまして……。

 

当時の診断では捻挫でしたが、

大学に入ってから専門医の先生に言われました。

「ここ、腱無いね」

ホワッツ??

 

子どもの骨って腱よりも柔らかいから、

腱が引っ張られたのに耐えきれずに

骨ごともげてしまっているんだとか。

 

つまるところ、骨折です。

幼稚園行けません。

 

結局これで、また籠城生活に戻ってしまい。

 

ママ(笑)は大満足ですね。